“殺人スズメバチ”騒動が米で勃発、はびこる過度な「虫嫌い」

オオスズメバチ(Vespa mandarinia)は恐ろしい動物に見えるかもしれないが、挑発したり巣を脅かしたりしなければ刺されることはない。米国に侵入したものの1つの郡でしか目撃されておらず、その他大半の地域にとっては危険な存在ではない。(PHOTOGRAPH BY ATSUO FUJIMARU, MINDEN PICTURES)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー