始球式の歴史、トランプ氏は今年も「登板」せず

米大リーグの開幕戦は大統領による始球式が恒例だが、今年はこの人だった

2020.08.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1910年4月14日、現職大統領として初めて大リーグの開幕戦で始球式を行ったウィリアム・ハワード・タフト大統領。氏は翌年も始球式を行ったが、その翌年の12年には5日前にタイタニック号沈没事故が起きたため、始球式には参加しなかった。(PHOTOGRAPH BY BETTMANN, GETTY)

 1910年4月14日、米国のウィリアム・ハワード・タフト大統領は、ワシントンD.C.の野球場に詰めかけた数千人の野球ファンの中にいた。シーズン初戦のワシントン・ナショナルズ対フィラデルフィア・アスレチックス戦で、始球式を務めたのだ。

 現職の大統領が開幕戦で始球式を行ったのは、この時が初めて。以降、大統領による始球式は伝統となり、ジミー・カーター氏とドナルド・トランプ氏を除くすべての大統領が行っている。

 2020年7月23日、新型コロナウイルスの影響で約4カ月遅れになったが、米国に野球が帰ってきた。ワシントン・ナショナルズの今シーズン初戦となるニューヨーク・ヤンキース戦で始球式を務めたのは、米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長だった。世相を反映し、米国におけるコロナ対策の第一人者が、政治家やセレブが務めてきた始球式の歴史に名を連ねることになったのだ。(参考記事:「「ウイルスが中国の研究所で作られたという科学的根拠はない」米国コロナ対策の第一人者ファウチ氏独占インタビュー」

ギャラリー:米国野球伝統の始球式、名場面集 写真7点(写真クリックでギャラリーページへ)
ワシントンD.C.のグリフィス・スタジアムで、フランクリン・D・ルーズベルト大統領が1936年のメジャーリーグ開幕を告げる投球を行う。(PHOTOGRAPH COURTESY THE HARRIS & EWING COLLECTION, LIBRARY OF CONGRESS)

 始球式の歴史は、プロ野球の歴史と同じくらい古い。記録に残る最初の始球式は1892年。当時のオハイオ州知事で、のちに大統領になるウィリアム・マッキンリーが、マイナーリーグの開幕試合で始球式を行っている。(参考記事:「朝型/夜型が野球の成績に影響?」

 だが、始球式を本当の意味で野球の伝統に変えたのは、冒頭のタフト大統領だった。1910年のこの日、大統領はヘレン夫人、ジェームズ・シャーマン副大統領とともに球場に現れた。

次ページ:ひとひねり加わった大統領の投球

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界の特別な1日

未来に残したい100の報道写真

「崩れ落ちる兵士」「勝利のキス」「エベレスト初登頂」「フランシスコ教皇就任」など、歴史的な100枚の報道写真を収録!世界が大きく変わろうとしている今だからこそ読みたい、現代史の真実のストーリーが満載。

定価:本体3,200円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加