年間のプラスチックごみ流出、2040年に倍増

最新の研究によると、人間とプラスチックとの関わり方を変えるシステム全体の改革によって、2040年までに流出量が82%削減され、6000億ドル(約63兆円)がかかる。政府や産業界がこれらの変化を受け入れ、実行するかは不透明だ。(Jason Treat, NGM STAFF, SOURCEs: Pew charitable trusts; Systemiq)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー