ウナギやサケなど回遊性淡水魚 半世紀で76パーセント減少か

多くの回遊魚と同様、キングサーモン(マスノスケ)は乱獲、生息域の劣化、海から上流の産卵場所への移動を阻むダムによって、生存が脅かされている。(PHOTOGRAPH BY CRISTINA MITTERMEIER, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー