カリブ海のサンゴ礁で暮らすペレスメジロザメ。この地域では個体数が多かったが、ここ数十年で減っている。(PHOTOGRAPH BY ANDY MANN, GLOBAL FINPRINT)
カリブ海のサンゴ礁で暮らすペレスメジロザメ。この地域では個体数が多かったが、ここ数十年で減っている。(PHOTOGRAPH BY ANDY MANN, GLOBAL FINPRINT)
[画像をタップでギャラリー表示]

 カメラトラップを使った調査は「地域規模ではテストされてきましたが、今回の研究では各地がうまく協調することで、世界規模の評価ができました」と、英ランカスター大学の海洋生物学者であるニック・グレアム氏(今回の論文とは無関係)は語る。「サメは簡単に乱獲されてしまいます。多くの国では、ダイビングをしてもサメに遭遇することはまれです」

個体数回復のカギを握るのは?

 サメは世界に500種ほどが生息しているが、その3分の2が乱獲の脅威にさらされている。多くは肉やヒレが目当てだが、サメが目的でない漁網や延縄にかかってしまうことも少なくない。こうした「混獲」による被害も深刻だ。(参考記事:「若いホホジロザメの主な死因は漁網、研究成果」

 だが、まだ希望はある。「海域を漁業から完全に守れば、海洋生物やサメが戻ってきます」と、サラ氏は言う。たとえば、メキシコのカボ・プルモでは、周辺の海域を保護することで、サメを含む豊かな海洋生態系が戻っている。(参考記事:「住民が蘇らせた魚の楽園、メキシコ」

【動画】サメの基本
海でサメほど恐怖や畏怖の念を起こさせる生物はいない。世界最大のサメや最速のサメ、サメの繁殖の仕組み、絶滅の危機に瀕している理由などを解説する。(解説は英語です)

 健全な数のサメがよみがえらせるには、保護区を設けるだけでなく、漁獲制限を設ける、サメを傷つける可能性のある漁具を禁止するなど、漁業管理政策も重要だ。グレアム氏は、今回の研究はこういったアプローチの重要性を浮き彫りにしていると述べる。

 さらにグレアム氏は、サメ漁を綿密に規制したり、混獲されるサメを減らすことができれば、数が回復する可能性は高まるとも言う。

 コミュニケーションとアウトリーチもまた不可欠だと、米ノバサウスイースタン大学でサメを研究するカーリー・ジャクソン氏は話す。「多くの国がサメの肉を頻繁に消費していますが、それらの国に対して『間違っている』と伝えるのは決して良いことではありません」(参考記事:「フカヒレ販売禁止に賛否、サメを守れるのか、米国」

 健全な海にとってサメの存在がどれほど重要か。それを世界中の人々に理解してもらうことは重要な一歩だ。その一環として、サメ漁からエコツーリズムに切り替えて、サメやサメがすむサンゴ礁を観光資源として活かすことも考えられるだろう。

 サラ氏はこう話している。「そうすれば、地元の人々にもメリットになります。サメ漁はとったサメを一度売ってしまえばそれで終わりですが、エコツーリズムではダイビング客に何度でもサメを楽しんでもらえるのですから」

参考ギャラリー:恐ろしくも美しき世界のサメ 10選(画像クリックでギャラリーへ)
参考ギャラリー:恐ろしくも美しき世界のサメ 10選(画像クリックでギャラリーへ)
海洋汚染や漁業により、サメの数は世界中で急激に減少しているが、サメを保護している海域では増えている種もいる。ジョーズで有名になったホホジロザメから、「世界一のろい魚」とされるニシオンデンザメまで、恐ろしくも美しいサメの写真を集めてみた。(PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

写真家だけが知っている 動物たちの物語

世界で最も権威のある写真賞の一つ「ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」の受賞作品のなかから、記憶に残る魅力的な作品を厳選。

定価:2,530円(税込)

文=RILEY BLACK/訳=鈴木和博