中東に残る古代ローマの栄華、驚きの遺跡群、ジェラシュ

聖書の「王の道」に築かれた古代都市の物語、ヨルダン

2021.01.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ローマ帝国の支配下にあり、繁栄の真っただ中だった2世紀のジェラシュの復元図。(ILLUSTRATION BY JOSEP RAM)

 旧約聖書には、エジプトを出て約束の地を目指したイスラエルの民は、エドム王国を通過する必要があったと記されている。現在のイスラエル南部とヨルダンにまたがる地だ。そこで、イスラエル人はエドム人に「あなたの国境を越えるまで『王の道』を通ります」(民数記21章22節)と言って、領内を通過させてくれるように懇願する。

 この「王の道」は青銅器時代からあり、エジプトと紅海のアカバ湾、そして今のシリアのダマスカスを結ぶ一帯の主要な交易路だった。大きな帝国の首都は築かれなかったものの、エジプトから穀物、イエメンから香、紅海から真珠、インドから香辛料がもたらされ、道沿いの都市は商業で富を成した。

[画像のクリックで拡大表示]

 最も繁栄した都市の一つが、ギリシャ文化が広まった時期に築かれたジェラシュだ。ジェラシュも貿易で豊かになり、度重なる征服者によって都市が形成され、やがて東方へと拡大したローマ帝国に吸収された。ローマ帝国でジェラシュは東の国境沿いにあるギリシャの都市をまとめた「デカポリス」の一つとされた。その頃の繁栄ぶりを物語る遺跡が驚くほどよい状態で現在も維持されている。

金の川沿いのギリシャの都市

 碑文によれば、この都市の名前は最初の居住者にちなんで与えられた。紀元前4世紀前半、アレクサンドロス大王の東方遠征でペルシャ軍と戦った老兵たちだ。ヨルダン渓谷と砂漠の間にある肥沃なこの土地は、その報酬だった。高齢者はギリシャ語でゲラスメノスと言い、彼らの土地はゲラサと呼ばれ、のちにジェラシュになった。

 ジェラシュがアレクサンドロス大王の駐屯地だった可能性は十分ある。だが、誕生の物語はおそらく事実と異なる。ジェラシュは現地の言葉であるセム語であり、ギリシャ語の最初の名前は「金の川沿いのアンティオキア」を意味する「アンティオキア・アド・クリソロアム」だった。最初の植民地を築いたのは、紀元前2世紀の古代ギリシャ、セレウコス朝の王アンティオコス4世エピファネスだろう。

ローマ皇帝ハドリアヌスの横顔が描かれた2世紀のアウレウス貨。ハドリアヌスは旅の途中、129〜130年の冬をジェラシュで過ごした。(PHOTOGRAPH BY ASF/ALBUM)

次ページ:ローマ帝国の半独立都市国家へ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ローマ帝国

誕生・絶頂・滅亡の地図

1000年にわたり地中海世界に存在し、覇者として君臨したローマ帝国。この魅惑の帝国が歩んだ足跡を、20枚を超える詳細な地図、そして図解、イラスト、写真とともにたどる。

定価:本体1,400円+税

おすすめ関連書籍

最強の帝国

覇者たちの世界史

『ナショナル ジオグラフィック別冊』シリーズの第9弾。古代から近代まで、歴史上に現れた世界の強大な帝国を詳細に解説したビジュアル歴史読本。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加