1945年7月16日、米国ニューメキシコ州ホワイトサンズで、世界初の原爆実験が行われた。 (PHOTOGRAPH BY JACK W. AEBY, DOD PHOTO/ALAMY)

 1940年代初期、米国の諜報機関は恐るべき秘密を抱えていた。ドイツが原子爆弾の開発に躍起になっているという。

 物理学者アルバート・アインシュタインからの手紙でそのことを示唆されたフランクリン・ルーズベルト大統領は、総力を挙げて核開発計画を推し進めるよう命令を下した。国防総省の本庁舎ペンタゴンの建設を監督した陸軍司令官レスリー・R・グローブスは、理論物理学者のJ・ロバート・オッペンハイマーを科学部門のリーダーに任命した。実際の核実験は、ハーバード大学の物理学者ケネス・ベインブリッジが率いることになった。

 この計画のために全米から13万人が集められたが、ほとんどの人が何のために雇われたのか知らされていなかった。プロジェクトの中心となったのはニューメキシコ州の静かな町ロスアラモス。元男子校の校舎を改装した研究室で、科学者とエンジニアたちが設計・開発した爆弾は「ガジェット」と名付けられた。

 さらに、そこから300キロ南下した砂漠の真ん中に、骨組みだけの簡単な設備が建てられた。ここで最後の組み立て作業と実験が行われることになった。計画は「マンハッタン」、最初の実験は「トリニティ」と名付けられた。(参考記事:「観光地となった核時代の遺産」

 トリニティの名の由来について、名付け親のオッペンハイマーは明確な説明を残していないと、トリニティ実験の跡地があるホワイトサンズ・ミサイル実験場で30年間広報官を務めていたボブ・エクレス氏は言う。同氏は既に退役しているが、今でもトリニティのことなら彼に聞けと言われるほどだ。

「オッペンハイマーは、よくわからないと言っていました。でも、当時読んでいたジョン・ダンの詩のなかのある1節が記憶に残っていたそうです。『私の心を打ち砕いてください、三位一体の神よ』。そこから、トリニティ(三位一体の意)という名を思い付いたとか」。オッペンハイマーは、読書家だったともいわれている。

 トリニティ実験は当初、1945年7月4日に予定されていたが、ガジェットを修理する必要が生じたため、延期された。

ソフトボール大のプルトニウム

 ガジェットは、インドネシアのクラカタウ火山が大爆発を起こした1883年以降で最大の破壊力をもっていた。直径150センチの球体のなかに納められたのは重さ約6キロでソフトボール大のプルトニウム。そのソフトボールをゴルフボールの大きさまで圧縮させると、臨界状態に達して破壊的な大爆発を起こす。

 プルトニウムを圧縮させるには、それをより大きな球の中心に置き、32個の爆薬で包み込む。爆薬の総重量は2.3トンだ。そして、全ての爆弾を正確に同じ時に爆発させる。わずかな時間のズレも許されない。爆発により全方向から圧力を受けたプルトニウムは、超濃縮された放射性肉団子のようになる。当時はデジタルスイッチなど存在しなかったため、32個の爆薬に取り付けられたワイヤーは、南に8キロ離れた倉庫に置かれたひとつのボタンに繋げられなければならなかった。そして、1本1本のワイヤーは全て、同じ長さにする必要があった。

 7月といえば、ニューメキシコ州では雨の季節だが、16日は降水確率が比較的低いと予想された。計画実行の日は決まった。7月12日、小さな箱を後部座席に乗せたセダンが、ロスアラモスを出発した。箱の中には、2つに分かれたプルトニウムの核が納められている。

 その翌日、13日の金曜日、同じくロスアラモスを出発したトラックには、直径152センチの球が乗せられていた。計画実行の時間まで3日を切っていた。

次ページ:最後の証人たち

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界の特別な1日

未来に残したい100の報道写真

「崩れ落ちる兵士」「勝利のキス」「エベレスト初登頂」「フランシスコ教皇就任」など、歴史的な100枚の報道写真を収録!世界が大きく変わろうとしている今だからこそ読みたい、現代史の真実のストーリーが満載。

定価:本体3,200円+税