ロシアで最も寒い地域の一つ、ヤクーチア中央部で燃える森林。ヤクーチア地方は83パーセント以上が森林に覆われている。今年の山火事はかなり北の方まで燃え広がり、科学者たちを驚かせている。(PHOTOGRAPH BY YEVGENY SOFRONEYEV, TASS/GETTY IMAGES)
[画像をタップでギャラリー表示]

 人為的な気候変動に加えて晴天が続いたことにより、ここ数カ月の間、シベリアが猛暑に襲われている。この熱波は、6月に北極圏の気温を38℃まで上昇させたのみならず、大規模な山火事にも拍車をかけており、永久凍土層のあるツンドラまでが現在、炎に包まれている。

 気温が低く、水分が多く、凍っているために、本来であれば燃えるはずのない地域で山火事が相次いでいるというこの事態に、生態学者や気候科学者は懸念を募らせている。彼らが恐れているのは、この火災が北極圏における急激な変化のさらなる兆候かもしれないこと、そして、局地的にも世界的にも連鎖的な影響を及ぼすことだ。(参考記事:「永久凍土って何ですか?」

オレンジの点は2020年7月6日までの1週間に確認された火災の位置。黒い点は6月20日に38℃を記録したベルホヤンスク。
[画像をタップでギャラリー表示]

 もし、ツンドラで火災が常態化すれば、生態系全体が劇的に作り変えられる。そこでは新たな種が優位となって、さらに火災が発生しやすい状況ができあがるかもしれない。火災そのものもまた、凍った有機物として何百年も蓄積されてきた炭素を放出させ、地球温暖化を加速させる可能性がある。

「この火災は、今のところはまだ気候変動に大きく寄与しているわけではありません」と、英ロンドン大学スクール・オブ・エコノミクスの環境地理学者トーマス・スミス氏は言う。「ただし、これまでとは違う何かが起こっている兆候であることは確かです」

より北に広がる炎

 シベリアで過去、夏に大規模な火災が発生した例はある。しかし、2020年はどうやら、ロシア北極圏にとって火災の当たり年のようだ。

 欧州中期予報センターの上級研究員マーク・パリントン氏によると、火災がシベリアに広がり始めたのは6月中旬だった。火事の熱出力の指標である「火炎放射強度」の1日あたりの水準は、2019年(同じく火災が極端に多かった年)に匹敵し、少なくとも2003年以降に北極圏で観測されてきたレベルをはるかに超えている。ロシアの林野庁は、シベリア東部のサハ共和国、チュクチ地域、マガダン地域では、広さ数千平方キロメートルもの土地が炎に包まれていると推測している。

 火の勢いが極めて激しく、広範囲に及んでいることに加えて、科学者らが衝撃を受けているのは、北方への炎の広がりと、燃えている生態系の種類だ。

次ページ:尋常ではない数と範囲、終息にはほど遠い熱波

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2019年9月号

氷なき北極/北の果ての覇権争い/凍土に眠る炭素の脅威/消えた探検隊の謎/温暖化に注ぐ熱視線/オオカミと過ごした時間/氷が消える前に

2036年、北極海は初めて氷のない夏を迎える。氷の下に眠る資源や新航路をめぐって新たな対立が起きるのか? 永久凍土が解けるとどんな影響が起きるのか? 6本の特集とグラフィックで、北極の今を多角的にレポートします。

定価:本体1,028円+税

おすすめ関連書籍

気候変動 瀬戸際の地球

変化していく地形、水浸しの生活を強いられる人々、生息域を追われる動物たち、そして経済的ダメージまで、人類史上最大の危機を徹底レポート。気候変動によって変わりつつある世界の今に迫る1冊。

定価:本体1,400円+税