木々の隙間は「社会的距離戦略」かもしれない

マレーシア森林研究所のリュウノウジュ(学名:Dryobalanops aromatica)が形成するクラウン・シャイネス。枝がぶつかり合わないように水路のような隙間ができる現象で、一部の種の樹木で見ることができる。(PHOTOGRAPH BY IAN TEH, NATIONAL GEOGRAPHIC)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー