新型コロナ、第二波はどうすればうまく防げるのか

感染者が再び急増し始めた米国、その分析と対策とは

2020.06.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ナショナル ジオグラフィックがコンタクトをとった疫学者、ウイルス学者、心理学者らもこれに同意している。ハームリダクションの考え方のもとに、より統一された計画の立案とその内容の周知を行えば、現在苦戦を強いられている各国政府は、おそらく再度のロックダウンを行うことなくCOVID-19に勝利できると述べている。専門家らによると、米国がCOVID-19の拡大を止められない主な要因は、ウイルスに対する人間の本質的な強みを活かしていないことだという。つまり、コミュニケーション、協力、歩み寄りだ。

「抑え込みに成功しているのは、政治と民間の意思が完全に一致している国々です」と語るのは、米コロンビア大学メールマン公衆衛生大学院の疫学者、ジェフリー・シャーマン氏だ。こうした専門家の中には、われわれがCOVID-19との闘いに破れたと考えている人間は一人もいない。ただし、政府のリーダー、メディア、科学者、一般市民は、考え方とメッセージの伝え方を変える必要がある。

2020年6月23日、カナダ、トロントにあるホテルXで、戸外でのヨガに参加する人々。COVID-19の感染対策としてソーシャルディスタンスを保つため、各自ドームの中に入っている。カナダでは徐々に経済活動が再開されつつあるが、ジムやフィットネスクラブはまだ閉まったままだ。(PHOTOGRAPH BY COLE BURSTON, GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

噂や陰謀説が情報の隙間を埋める

 流行が始まって以来、米国では主に二つの対策がとられてきた。一つは厳格な自宅待機命令による流行の緩和、そしてもう一つは、検査、自己隔離、接触追跡によるウイルス拡散の封じ込めだ。この二つの作戦はいわば、イケアの家具を組み立てるのに、チェーンソーと外科用メスのどちらを使うか選ぶようなものだ。意外な事実が次々に判明する新型コロナウイルスに対応できる柔軟性に欠け、誤った情報による影響も受けやすい。

 たとえば、知事や報道機関の発表においては、最近の感染者の急増は、50歳未満の成人が原因であると繰り返し言われてきた。しかし米国内の調査によると、COVID-19による若年成人の入院患者は、3月初旬以降、毎週全体の25パーセント程度であり、この層が急速に膨れ上がっている事実はない。最近になって感染者数が急増している場所の一つであるテキサス州では、自宅待機命令が解除される5月1日以前、感染者中の若年成人の割合は50パーセントであり、それ以降の増加は3ポイントにとどまっている。

 米国の労働力人口が若年化していることを考えれば、「若年成人が、感染率が最も高い年齢層であることはある意味、当然と言えるでしょう」と、マディバナン氏は言う。「どんな感染症であれ、発生初期の感染は常に、若くて行動的な、社会的接触率の高い年齢層に集中します。彼らは必要不可欠な仕事をするエッセンシャルワーカーであり、労働者階級の人々であり、体を動かして仕事をしなければならない人たちです」

 しかし同時に、公に出されるメッセージは、若年層ではCOVID-19の症状が出ることも、重症化することもほとんどないというものになりがちだ。この内容は、さほど正確とはいえない。若年層ほど無症状になる傾向が高いという主張を裏付ける厳密な研究は存在しない。

 6月25日、米疾病対策センター(CDC)は、COVID-19の重症化リスクのある対象者を、65歳以上だけでなく、すべての成人に拡大した。致死率は高齢者で高いものの、ニューヨーク市や中国など大きな打撃を受けたところでは、50歳未満でも重症化は珍しくなく、高齢者と同じように長期間入院すると報告されているためだ。(参考記事:「新型コロナ、年齢や持病など「重症化リスク」の真相」

 重要なのは、メッセージを適切に伝えることだ。公に伝えるメッセージに多様な内容が混在していると、人々に公衆衛生上の助言に従ってもらうことが難しくなる。研究によると、互いに相反するメッセージは、精神的な苦痛を引き起こし、信頼できる一貫した情報がない場合、人々は自分が聞きたい内容に耳を傾け、誤った情報を求める傾向にあるという。

「当局から一貫した情報が伝えられない場合、多くの噂や陰謀説がその隙間を埋めてしまい、そのせいで人々が、自分が何をすべきなのかを把握するのが非常に難しくなります」と、米カリフォルニア大学アーバイン校で心理科学を教えるロクサーヌ・コーエン・シルバー氏は言う。

次ページ:週3000万件の検査は必要か

おすすめ関連書籍

ビジュアル パンデミック・マップ

伝染病の起源・拡大・根絶の歴史

ささいなきっかけで、ある日、爆発的に広がる。伝染病はどのように世界に広がり、いかに人類を蹂躙したのか。地図と図版とともにやさしく解き明かす。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加