フィレンツェの伝統スポーツ コロナで2020年は開催の危機

暴力的だが長年地元で愛されてきた伝統競技「カルチョ・ストーリコ」。その開催が危ぶまれている。

2020.06.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フィレンツェのフットボール「カルチョ・ストーリコ」は、15世紀から続く伝統スポーツだが、今年はパンデミックのため延期になった。町の人々は、試合の存続に不安を抱いている。(PHOTOGRAPH BY FILIPPO MONTEFORTE, AFP/GETTY IMAGES)

 イタリアの歴史的な都市の一つフィレンツェには、「カルチョ・ストーリコ」という伝統的な競技がある。イタリア語で「歴史的フットボール」を意味するこの競技は、フィレンツェの歴史的な町を4つの地区に分け、それぞれの地区を代表する4チームが、毎年数千人の観客の前で優勝をかけて戦うトーナメント式のイベントだ。ラグビーにやや似ているが、こちらは古代広場に設置された巨大な砂地のフィールドの中で、時代衣装を身に着けた選手たちが素手で殴り合い、大乱闘を繰り広げる様は、かなり独特だ。 (参考記事:「サッカーの祖先、イタリア伝統の喧嘩フットボール 写真17点」

 毎年6月24日の聖ヨハネの日、フィレンツェの人々は決勝戦に先駆けて行われるパレードを楽しみに待つ。4つのチームには、それぞれチームカラーが割り当てられている。サンタ・クローチェはアズーリ(青)、サンタ・マリア・ノヴェラはロッシ(赤)、サント・スピリトはビアンキ(白)、そしてサン・ジョバンニはヴェルディ(緑)だ。チームの応援は市民の義務のようなものであり、勇気と誇り、目的をもってチームカラーを代表するカルチアンテ(選手)に選ばれることは、この上ない栄誉なのだ。

 カルチアンテには、レストラン経営者やベーカリーの店主、建築現場の作業員、会社役員もいる。しかし、ひとたびフィールドに足を踏み入れれば、職業も年齢も関係ない。彼らに共通するものは、このスポーツへの愛のみだ。その昔、優勝賞品は食用の子牛1頭だった。それが今では、無料のディナーと記念の垂れ幕に変わった。出場選手たちは、金銭的報酬もトロフィーも受け取らない。脳震とうになっても、血を流し骨が折れようとも戦い続けるのは、それがフィレンツェの人々が昔からやってきたことだからだ。

 新型コロナウイルス感染症の世界的大流行で、20年6月の開催は絶望的となり、フィレンツェの町は打ちのめされた。だが、すぐに気を取り直した人々は、完全にキャンセルするのではなく、形を変えてでも開催できないかと知恵を出し合い始めた。

2009年、サンタ・クローチェ広場で行われた決勝戦の開会式で、旗を持って行進する人々。(PHOTOGRAPH BY VOVA POMORTZEFF, ALAMY STOCK PHOTO)

カルチョ・ストーリコの魅力

 カルチョ・ストーリコの魅力はいくつもある。まず、競技前の壮麗なパレードや、選手が着る美しいストライプの時代衣装が、見る者の目を楽しませてくれる。また、試合そのものが持つ単純さも、大きな魅力だ。27人から成る2チームが、フィールドの両側にある細長いゴールにボールを入れてポイントを獲得する。試合時間は50分だが、深い砂に足を取られて動きが鈍った選手たちを見ていると、時間が長く感じられる。それでも、アクションはひっきりなしに起こっている。フィールドのいたるところで、選手たちはぶつかり合い、選手がなだれ込んで乱闘が始まる。

 一応、決まったポジションはある。選手たちは大まかに3本のラインに分かれ、「イナンチ」と呼ばれるランナーが相手チームのフィールドへ攻め込んでカッチャ(ゴール)を決める。パスは難しく、多くの選手は敵にユニフォームをつかまれないよう腰にテープを巻き付けているが、それでも常にどこかでつかみ合いが起こっている。前半戦が終わる頃には、選手たちは汗と砂にまみれ、フィールドには布の切れ端が散乱し、熱狂した観客はチームへ熱い声援を送る。

ギャラリー:2020年は延期か、フィレンツェの伝統競技「カルチョ・ストーリコ」 写真11点(写真クリックでギャラリーページへ)
カルチョ・ストーリコの公式ルールは、1580年にフィレンツェのジョヴァンニ・デ・バルディ伯爵によって書かれた。元々は裕福な貴族のスポーツで、ローマ教皇が参戦したこともあった。(PHOTOGRAPH BY ANTONIO MASIELLO, GETTY IMAGES)

次ページ:戦力を奪うのが鉄則。選手交代は認められない

おすすめ関連書籍

ここでしか味わえない 非日常の世界!

予想を裏切る、驚きの瞬間!どのページにも、驚きと喜びが詰まっていて、刺激を与えてくれる。永久保存版の写真集。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:本体2,500円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加