8000年前の謎の杭刺し頭骨、北欧男性の顔を復元

この男性の顔の復元に使われた頭骨は、他の人の頭骨や動物のあごの骨と一緒に、紀元前6000年ごろにスウェーデンの湖に沈められた。顔を復元した芸術家は、湖から見つかった骨の一つであるイノシシの皮でつくった服を着せた。(PHOTOGRAPH BY OSCAR NILSSON)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー