中国、センザンコウのウロコを伝統薬の承認リストから除外

違法取引が最も多いとされる哺乳類、数日前に保護レベルも引き上げ

2020.06.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アフリカ南東部のモザンビークで密猟者から救出され、野生に戻されたサバンナセンザンコウ。中国では、センザンコウの保護レベルが改定され、センザンコウのウロコが伝統薬の承認リストから除外された。自然保護の活動家たちは、この措置によって、8種すべてが絶滅の危機に瀕しているセンザンコウの減少が遅れるように願っている。 (PHOTOGRAPH BY JEN GUYTON, NATURE PICTURE LIBRARY)
[画像のクリックで拡大表示]

 中国はこのほど、世界で最も多く違法取引されている哺乳類センザンコウを救済する措置をとった。2020年の中国の伝統薬の承認リストから、これまで何十年も記載されてきたセンザンコウのウロコを除外したのだ。センザンコウのウロコは長年、母乳の出をよくする薬から関節炎の薬まで、さまざまな中国の伝統薬の素材として合法的に売られてきた。

 ウロコが薬に使われるせいで、世界中のセンザンコウ(アジアに4種、アフリカに4種生息)は絶滅の危機に瀕している。ウロコは湾曲した円盤状で、人の爪と同じ物質のケラチンでできている。また、ウロコに覆われたアリクイのような見た目のセンザンコウは、食肉を目当てに毎年何万匹も殺されている。センザンコウの肉は、中国やベトナムでは高級食材とされているからだ。(参考記事:「需要高まり絶滅危機、センザンコウ密売の実態」

「これはセンザンコウを救うために取れる、まさに最高の対策です」と話すのは、野生生物製品の需要を減らすことに焦点を当てる非営利の環境保護団体「ワイルドエイド」のCEO、ピーター・ナイツ氏だ。「中国の伝統薬は代用可能だという明確なメッセージになります。センザンコウを使う必要はありません」

 センザンコウのウロコが承認リストから外れたという新事実が発覚する数日前、中国は野生生物保護法におけるセンザンコウの保護レベルを引き上げることを発表していた。これによりセンザンコウは、中国で最も愛されているパンダと同じ「一級」にランク付けされ、ほぼすべての国内取引と使用が禁止されることになる。(参考記事:「こんなに愛らしい、希少な哺乳類センザンコウ」

 中国は、2020年の薬局方(医薬品の品質や用法などを載せた政府刊行物)を公表しておらず、承認リストからセンザンコウを除外することについて声明も発表していない。代わりに、第一報は中国紙「健康時報」が報じた。

「中国は、このような発表を公式にではなく、マスコミを通じて発表するということを、意図的によく行います」と話すのは、米サンフランシスコを拠点に活動するセンザンコウの保護団体「セーブ・パンゴリンズ(パンゴリンはセンザンコウの英語名)」の共同設立者でエグゼクティブ・ディレクターを務めるポール・トムソン氏だ。同氏は、今回の意外なニュースについて、「警戒しつつも楽観視している」と言う。

 ナショナル ジオグラフィックは、この件について中国当局にコメントを求めたが、本記事の公開時までに回答はなかった。

次ページ:新型コロナウイルスの中間宿主の可能性も

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2019年6月号

観光と動物とSNS/センザンコウ 密売の実態/密猟と闘う女性レンジャー/生命を育む“海藻の海”/森林火災に飛び込む消防隊

特別レポート「動物たちの悲鳴」ではSNS人気の影で過酷な環境下に置かれる動物たち、密猟を撲滅すべく立ち上がった女性レンジャーの奮闘ぶりなど、動物たちを取り巻く様々な問題を総力取材。この他、スモークジャンパーに密着した「森林火災に飛び込む消防隊」など特集5本を掲載。

定価:本体1,028円+税

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加