パンデミックのため全米が外出自粛中という前代未聞の事態になってもなお、「衆人環視のなかで黒人が殺されるのを止めることはできませんでした」。そして、まるで何でもないことのように警官に首を押さえ続けられたフロイドさんの人間性が、あまりにも冷淡に、あまりにも軽々しく扱われたことに衝撃を受けたと、ペルトン氏は続ける。

1920から1938年まで、ニューヨーク5番街にある全米黒人地位向上協会(NAACP)本部ビルには、「昨日、男がリンチにかけられた」と書かれた旗が掲げられていた。(PHOTOGRAPH BY LIBRARY OF CONGRESS/CORBIS/VCG VIA GETTY IMAGES)
2015年、サウスカロライナ州で黒人男性のウォルター・スコットさんが白人警官によって背中を撃たれて殺された事件の後、アーティストのドレッド・スコット氏が作った旗。(PHOTOGRAPH AND ARTWORK BY DREAD SCOTT)

 ミネアポリスの検視官は、フロイドさんの死を殺人と断定し、警官がその首を押さえつけたせいで心臓が止まったと説明した。警官のデレク・ショービン被告は免職となり、後に第2級殺人罪で起訴された。現場にいた他の3人の警官も免職され、殺人ほう助・教唆の罪で起訴された。

 英米文学の教授だったペルトン氏は、「あの警官の目に、フロイドさんの姿は見えませんでした。ラルフ・エリソンの小説『Invisible Man』(米国の人種差別をテーマにした小説。邦題は『見えない人間』)のように」と指摘する。「黒人は、白人社会の米国ではほとんど目に見えない存在なのです。私たちは、影のなかで生きているのです」

黒人というだけでリンチを受けてきた

 一連の事件に共通しているのが、黒人を人として扱わない「人間性の抹殺」であると、歴史家は言う。フロイドさん、テイラーさん、アーベリーさんの事件だけではない。公園でバードウォッチングをしていただけで警察を呼ぶぞと脅された黒人も、同じように人間性を抹殺された被害者だ。

 フロイドさんの死と同じ週、ニューヨーク市オーデュボン協会の役員で、ハーバード大学出身のクリスチャン・クーパーさんがセントラルパークで鳥の観察をしていたところ、犬を紐につながずに散歩させていた白人女性に出くわした。

 そこは犬の散歩に紐をつなぐことが義務付けられている場所だったので、クーパーさんが女性にそうするよう促したが、女性はそれを拒否した。クーパーさんが携帯電話でやり取りを録画し始めると、その女性は、警察に電話して「黒人の男」に脅されたと通報してやると言い出した。落ち着き払ってその様子を撮影し続けたクーパーさんは、後にワシントン・ポスト紙に対し「自身の人間性が抹殺されようとしているときに、それを進めさせるわけにはいきません」と語った。女性の名は、後にエイミー・クーパーさんと判明したが、2人は親戚関係ではない。

ホワイトハウスの前でプラカードを掲げる女性。ジョージ・フロイドさんの事件以来、大勢の市民がホワイトハウス前の広場に集まって抗議運動を行っている。6月1日、ホワイトハウスから近くの教会まで歩くトランプ大統領の進路を空けるため、平和的に抗議していた人々に向けて警官隊が催涙ガスを放った。大統領は、聖ヨハネ教会の前で聖書を手に写真撮影を行った。(PHOTOGRAPH BY EVAN VUCCI, ASSOCIATED PRESS)

「何をしていようと関係ありません。バードウォッチングをしていようと、道で水を売っていようと、ニュースを報道していようと、黒人はただそこにいるというだけで脅威ととらえられてしまいます。黒人には、危険、不純、非人間、犯罪者というイメージが付きまとっているためです」と、歴史家のコールマン氏は言う。

「黒人で息をしている」ことが犯罪になる。

「この国では、過去に何度も繰り返されてきたことです。あまりに多くの黒人が、黒人というだけでリンチを受けてきました。それが、白人に力を与えるのです。それだからこそ、エイミーさんも自分がどうふるまうべきかをわかっていました。大きくて黒くて怖そうなオオカミに脅されて震える白い乙女、という役割を演じたのです。『今から警察に電話して、黒人男性が私を殺そうと脅しているって言ってやるわ』と、ちゃんとセリフまでわかっていました」

 リンチは、司法の外で行われる残虐な処刑行為だ。かつての米国では、黒人がただ木に吊るされるだけでなく、今では考えられないような残酷な目に遭わされてきたという。第2回では、米国における残虐なリンチの歴史を振り返る。

【特集】リンチ殺人が横行した米国、暗黒の歴史
第2回 21歳妊婦の残酷すぎる死、白人至上主義の狂気(6/20公開)
第3回 白人女性の嘘が14歳少年のリンチ死を招いた(6/21公開)
ギャラリー:リンチ殺人が横行した米国、暗黒の歴史 写真と図18点

【関連記事】
「黒人拘束死、悲しみと怒りのミネアポリス 写真18点」
「人種差別抗議デモ、人種を超えて広がる人々の思いと闘い」
「ナショジオは人種差別的だった、米版編集長が声明」

おすすめ関連書籍

世界の陰謀論

世界史の裏でうごめく様々な陰謀説を、豊富なビジュアルを使って解説。各陰謀論を一躍有名にした決定的写真を多数収録!

定価:本体2,180円+税

文=DENEEN L. BROWN/訳=ルーバー荒井ハンナ