スリランカで太古の道具発見、人類が熱帯雨林に適応した過程示す

アフリカ以外で最古の矢尻、森の小動物を狩るための技術革新

2020.06.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スリランカの熱帯雨林にあるファヒエン・レナ洞窟遺跡で発見された、レッド・オーカーと貝でできたビーズ。この遺跡から出土した骨の矢尻など最も古い道具は、なんと4万8000年前のものだ。(IMAGE BY M. C. LANGLEY)
[画像のクリックで拡大表示]

 スリランカ南西部のジャングルに覆われたファヒエン・レナ洞窟からは、これまでに驚くべき太古の道具類が発見されている。中には、人類が熱帯雨林で使用した最初期のサバイバル用品と見られる道具も含まれている。

 見つかった遺物は4万8000年前から4000年前に作られたもので、骨製の矢尻130個のほか、袋や衣服を作るための骨製の道具29個、装飾用のビーズ数個が含まれる。最新の研究では、アフリカ以外で弓矢の道具が用いられた証拠としては最古のものであることが示された。

 発掘を行った考古学者らによれば、人間がこの洞窟に住んだ時期は4回あり、出土品は各時期に分けられる。中でも、矢尻や錐(きり)のような道具は、4回のうち最も古い時期から登場している。また、発見された物品のうち30個については放射性炭素を用いた年代測定を実施、時代を経て道具が高度化していった様子が明らかになった。

「ほとんどの道具がサルの骨で作られており、その多くは慎重に矢尻の形に削られたようです」と話すのは、オーストラリア、グリフィス大学の考古学者ミシェル・ラングリー氏だ。氏が率いた今回の研究の成果は、6月12日付の学術誌「Science Advances」に発表された。

「槍(やり)の穂先としては大きさや重さが足りません。勢いをつけるには、ある程度の重さが必要ですから。逆に吹き矢としては重すぎるし、鈍すぎます」

 矢尻には、矢柄に取り付けられていた形跡や、何かに当たったときにできたのであろう小さなひびが残っている。矢を射るのに使われた弓は、腐敗しやすい植物で作られていたため、現代までは残らなかったのだろうとラングリー氏は推測する。しかし、現代まで保存された骨製の道具類は、人間が初めて熱帯雨林に足を踏み入れた頃の様子を明らかにしてくれる。

次ページ:新しい居住地、熱帯雨林への適応

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

逆境だらけの人類史

英雄たちのあっぱれな決断

窮地に陥ったり、不遇や失敗にまみれたりした人たちが、劇的な逆転を遂げるに至る決断を47例集めた、歴史読み物。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加