イヌが新型コロナに感染、米国初、抗体もつ個体も

ペットに対して気をつけるべきことは?

2020.06.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あるジャーマン・シェパードが、新型コロナウイルスへの感染が確認された米国初のイヌとなった。写真は別の個体。専門家によると、ペットへの感染リスクは低い。 PHOTOGRAPH BY ROBERT PICKETT, PAPILIO/ALAMY
[画像のクリックで拡大表示]

 米ニューヨーク市のジャーマン・シェパードが、新型コロナウイルスの検査で陽性だと判明した。米農務省が6月2日に発表したところによれば、米国内でイヌが同ウイルスに感染したと正式に確認された事例は初めてだ。

 このイヌは同じく新型コロナウイルスの検査で陽性だった飼い主から感染したと考えられており、完治する見込みだ。現在のところ、ペットから人間にウイルスが広まるという証拠はない。

「ペットを飼っている人が新型コロナウイルス感染症にかかった場合、ペットをはじめとする動物に感染を拡大させないため、接触を避けることが重要だと改めて示されたと言えます」と話すのは、米疾病対策センター(CDC)のスポークスパーソン、ケイト・グルシチ氏だ。(参考記事:「ネコにも感染、コロナとペット知っておきたいこと」

 飼い主の陽性が判明した後、このシェパードには呼吸器系の症状が見られていた。最初は民間の獣医研究所が検査を行い、陽性との結果が出た。その後、農務省管轄の国立獣医研究所でさらに検査が行われ、やはり陽性との結果が得られた。これは、動物における新型コロナウイルス感染の事実を公的に確定させる標準的な手順だ。

 米農務省によれば、同じ家で飼われている別のイヌは陰性だったものの、体内に抗体があったため、以前に感染していた可能性があると言う。

 これで、米国内で陽性となった動物はトラが5頭、ライオンが3頭、飼いネコが3匹、そして今回のイヌが1匹だ。ニューヨーク市ブロンクス動物園の大型ネコ科動物と同じくニューヨークの2匹の飼いネコは、4月に陽性が確認された(グルシチ氏によれば、いずれも回復した)。3匹目のネコはミネソタ州で飼われており、6月の第1週に米農務省が陽性を確認した。(参考記事:「トラが新型コロナウイルスに感染、ペット以外で初」

 こうした事例はあるものの、米獣医師会によればペットへの感染リスクは低く、これまで新型コロナウイルスの検査で陽性とされたペットは、世界で20匹未満にすぎない。4月にはメイン州の研究所が米国および韓国のイヌ・ネコのサンプルを何千と検査したものの、陽性の結果が出たものは1件もなかった。

次ページ:4月下旬の発表は誤りだった

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

シーザー・ミランの 犬が教えてくれる大切なこと

人生の節目には必ず犬が寄り添い、導いてくれた。シーザー・ミランが語る、犬とともにある幸せと愛。

定価:本体2,000円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加