2000年前の羊皮紙の破片から動物のDNAが抽出された。写真はヘブライ語聖書イザヤ書の一部。(PHOTOGRAPH COURTESY SHAI HALEVI, THE ISRAEL ANTIQUITIES AUTHORITY)
[画像をタップでギャラリー表示]

 2万5000ピースの古代の「羊皮紙」からなる死海文書は、世界で最も手ごわいジグソーパズルの一つだ。研究者たちは何十年もの間、2000年前の断片をつなぎ合わせようと努力してきた。断片の大部分は1940〜1950年代、死海沿いのクムランと呼ばれる遺跡に点在する11の洞窟で発掘されたものだ。

 死海文書はヘレニズム・ローマ期、すなわち紀元前3世紀〜紀元1世紀に記されたとされ、聖書の文章だけでなく、さまざまな聖歌、祈りの言葉、啓示が含まれている。クムランは古代のユダヤ教の宗派であるエッセネ派の拠点だった。

 このたび、イスラエル、スウェーデン、米国の研究者からなるチームが、その羊皮紙に高度な遺伝子検査を行った結果を発表した。6月2日付で学術誌「Cell」に発表された論文によれば、少なくとも素材の一部はクムランの外からやって来た可能性が高いという。

 論文はさらに、当時のユダヤ人は後のユダヤ教徒やキリスト教徒に比べ、聖句の正確さをあまり気にしていなかったと示唆している。

ヨルダン川西岸地区、クムラン国立公園の崖の上にある第4洞窟は死海文書の「主脈」。約600の写本の断片が1万以上も発見されている。(PHOTOGRAPH BY PAOLO VERZONE, NAT GEO IMAGE COLLECTION )
[画像をタップでギャラリー表示]

 しかし、研究者たちが何よりも興奮しているのは、途方に暮れるほど大量の断片を古代のDNAによって照合できる可能性があることだ。断片のなかには、わずかな文字しか記されていないものもある。

「どのようにつなぎ合わせるべきかわからない巻物の断片が数多くあります。間違った断片をつなぎ合わせれば、文書の解釈ががらりと変わってしまう恐れがあります」と、研究を率いたイスラエル、テルアビブ大学の遺伝学者オデッド・レチャビ氏は話す。

次ページ:新たなアプローチの研究が始まった

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2018年12月号

古代の聖書を探せ/パーム油と森林保護/北海道 鳥を待つ森/米国西部は誰のもの?/パタゴニアのピューマ

陰謀が渦巻くなかで“神の言葉”を探す人々を追った特集「古代の聖書を探せ」のほか、人間と鳥の距離を考えるシリーズ最終回「北海道 鳥を待つ森」、「パーム油と森林保護」など特集5本を掲載!特製付録付き!塗り絵ブック「愛しき鳥たち」

価格:本体1,083円+税

おすすめ関連書籍

絶対に見られない世界の秘宝99

テンプル騎士団の財宝からアマゾンの黄金都市まで

失われた秘宝の謎に、イラストと写真で迫る!好奇心を刺激する、禁断の書籍。

定価:本体2,200円+税