死海文書、羊皮紙のDNA分析に成功、解読の新たな鍵に

1956年、ベドウィンによって発見された第11洞窟。死海文書で最も長い神殿の巻物を含む約30の写本が発掘されている。現在のところ、これ以後新たな巻物は見つかっていない。(PHOTOGRAPH COURTESY SHAI HALEVI, THE ISRAEL ANTIQUITIES AUTHORITY)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー