スペースX宇宙船がISSにドッキングした瞬間

写真で見る、クルードラゴンの挑戦

2020.06.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年5月31日、19時間の飛行を終えて無事、国際宇宙ステーション(ISS)に到着し、ドッキングのために先端部のノーズコーンを開いたスペースX社のカプセル型宇宙船クルードラゴン。(NASA TV)

 先端のノーズコーンを開いた米スペースX社の宇宙船「クルードラゴン」は、軌道を周回している国際宇宙ステーション(ISS)に近づくと、米東部時間5月31日午前10時16分(日本時間同日午後11時16分)、ついにドッキングに成功した。

 米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられてからおよそ19時間、ISSが中国とモンゴルの国境のはるか上空を通過するタイミングだった。(参考記事:「初の有人商業宇宙船、いよいよ打ち上げへ、米スペースX」

 米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士、ロバート・ベンケン氏とダグラス・ハーリー氏が操縦するクルードラゴンは、2011年以来、初めて米国内から打ち上げられた有人宇宙船だ。両氏は軌道に到達後、2人が初めて搭乗したスペースシャトルにちなみ、宇宙船を「エンデバー号」と名付けた。

ダグラス・ハーリー氏(後方)とともに発射台に向かう途中、親指を立てるロバート・ベンケン氏(前方)。(PHOTOGRAPH BY BILL INGALLS, NASA)

 2人の宇宙飛行士は、クルードラゴンとISSの間で気圧と温度を合わせる作業を行い、ISSに乗り込んだ。1〜4カ月ほど滞在する予定だ。「米国の宇宙船が最後にISSとドッキングして以来、9年におよぶ努力の一端を担えるのは大変光栄です」と、ドッキングを終えたハーリー氏は語った。

 ベンケン氏とハーリー氏は、いずれもベテランの宇宙飛行士であり、米軍のテストパイロット出身だ。今回の飛行では最終段階で、クルードラゴンの性能試験を行った。手動操縦のテストだ。

 ISSまであと200メートルの距離で手動操縦に切り替え、ドッキングの自動モードが機能しない場合に手動で宇宙船を制御できることを確認した。そうして20メートルまで近づけてから、自動でドッキングさせた。接合中のクルードラゴンは、搭載されたバッテリーや太陽電池パネルは使用せずに、ISSから電力の供給を受ける。

次ページ:最初のミッションは8月末予定

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

COSMOS コスモス いくつもの世界

カール・セーガンが残した、世界4000万部の不朽の名著「COSMOS」。40年ぶりの続編が満を持して登場。〔日本版25周年記念出版〕

定価:本体2,700円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加