およそ紀元前3500年〜前1200年の青銅器時代、カナン人の重要な都市国家だったテル・メギド(メギドの丘)。DNA分析により、市民には遠くカフカス山脈からの移民が含まれていたことが明らかになった。(PHOTOGRAPH COURTESY MEGIDDO EXPEDITION)
[画像をタップでギャラリー表示]

 古代の中東にいた「カナン人」は、古代イスラエル人に征服され、歴史から姿を消した謎の民だ。「乳と蜜の流れる地」に住んでいた人々として聖書に描かれている。そのカナン人のDNAを大規模に調べた最新の研究成果が、5月28日付の学術誌「Cell」に発表された。

 研究の結果、カナン人の遺伝子は、現代に生きる多くのユダヤ人とアラブ人に受け継がれていることがわかった。また、独特なカナン文化が築き上げられたのは、遠くカフカス山脈からやってきた移民がこの地に元々いた人々と結びついた結果だという。カナン文化は、およそ紀元前3500年から前1200年まで続いた青銅器時代に、エジプトからメソポタミアにかけての地域で栄えた。(参考記事:「3600年前の高貴な墓を発見、古代カナン」

(MATTHEW W. CHWASTYK, NGM STAFF, SOURCE: CELL PRESS)

73人のDNAを解析

 研究チームは、イスラエルとヨルダンに点在するカナン人の遺跡5カ所で、約1500年間に埋葬された73人の骨からDNAを採取した。さらに、以前に報告された、別の4カ所の遺跡から出土した20人のデータも調べた。

「どの遺跡の人骨も遺伝的に非常によく似ていたのです」と論文の共著者であるイスラエル、エルサレム・ヘブライ大学の分子進化学者リラン・カーメル氏は話す。つまりカナン人は、広範囲に点在する都市国家に住み、一つの帝国に統合することはなかったが、一方で、文化だけでなく遺伝子も広く共有していたのだ。

 また、これら古代人と現代人のDNAを比較したところ、中東レバント地方(シリア、ヨルダン、イスラエルなどの地域)に住む現代アラブ人とユダヤ人の大半は、DNAの半分以上が、カナン人ほかレバント、カフカス、イラン高原に住んでいた民族に由来することがわかった。

 この研究は、カーメル氏の研究室と、米ハーバード大学の遺伝学者デビッド・ライヒ氏が率いる古代DNA研究室およびその他のグループが共同で実施した。当該地域におけるこの種の研究としては、飛び抜けて大規模なものとなった。

 文字による記録をほとんど残さなかったこの謎の民については、近年研究が進んでいる。2017年には、現代レバノン人の遺伝的祖先の90%以上がカナン人にたどり着くとする研究成果を、英医学研究支援団体ウェルカム・トラストのサンガー研究所(当時、現英バーミンガム大学)の遺伝学者マーク・ハーバー氏らが発表している。

次ページ:「泥棒とカナン人」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

聖書の世界 [コンパクト版]

あなたの知らない聖書の世界。その新しい扉が今、開かれる――。本書は、聖書について詳しい知識のない人でも、聖書の物語の舞台となった土地と時代を、直感的に理解できる非常にユニークな一冊です。

定価:本体5,800円+税