上海ガニの密輸に困惑する米国、すでに野生化も

米国魚類野生生物局と税関・国境警備局は2019年秋、共同捜査を行い、複数の港で1万5000匹近い生きたチュウゴクモクズガニを摘発した。密輸業者はカニが詰まった積み荷の内容について、Tシャツ、ジーンズ、自動車部品などと虚偽の申告をしていた。(PHOTOGRAPH BY U.S. FISH AND WILDLIFE SERVICE)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー