米コロナ死者が10万人突破、本当はもっと多い?

発表は著しく過少とする分析も、超過死亡の算出はより困難

2020.05.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NNG STAFF, SOURCE: DEPARTMENT OF VETERANS AFFAIRS; JOHNS HOPKINS UNIVERSITY

 米疾病対策センター(CDC)の死亡統計局のチーフであるロバート・アンダーソン氏は毎朝、米国の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死者数を最新のものに更新するという気の滅入る作業を監督している。この国の死者数は現在、世界最多だ。

「亡くなった方たちのために、重要な務めを果たしているのだと感じています。死者の数をしっかりと数え、彼らの経験が、他の人たちを助ける計画や政策に反映されるようにしているのです」と、アンダーソン氏は語る。

 2020年5月27日(日本時間28日)、米国の死者数がついに10万人を超えた。こうした数字は、科学者や政府関係者がパンデミックの深刻さを知り、検査や、物理的距離確保の要請といった予防措置を的確に講じるための指針となる。

 この作業は一見、遺体の数を数えるだけの単純なものに思える。しかし、たとえ最適な条件が揃っている場合でも、すべての死者数を集計することが困難であることは、過去の経験が示している。診断の見落としや変則的なデータ、予防接種を受けていないといった事情が関わる関連死は、今回のパンデミックの破壊力を曖昧にしてしまう可能性がある。

 新型コロナウイルスに関しては、他国でも同様のパターンが報告されている。イタリアの統計の暫定分析は、最も被害の大きかった地域の実際の死亡率が、公式発表のおよそ1.5倍になる可能性があることを示している。

 英国の研究チームは、年齢、慢性疾患、政府の対応などを加味したうえで、コロナウイルスが今後1年間の死亡率にどのような影響を与えるかを予測した。最悪のシナリオでは、英国内でさらに60万人近い死者が出る可能性があるという。こうした分析からわかるのは、新型コロナウイルスによる影響の全貌を明らかにすることは長期的な課題であり、常にある程度の不確実性を含むということだ。

「混乱が収まるまで、死者についての正しい集計はわからないでしょう。ですからわれわれは、データがそもそも不完全であることを自覚している必要があります」と、米エール大学の疫学者ダニエル・ワインバーガー氏は言う。「それでもこの情報を元に、数多くの重要な政治的決定が下されるでしょう」

次ページ:死者数を追跡する理由

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ビジュアル パンデミック・マップ

伝染病の起源・拡大・根絶の歴史

ささいなきっかけで、ある日、爆発的に広がる。伝染病はどのように世界に広がり、いかに人類を蹂躙したのか。地図と図版とともにやさしく解き明かす。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加