「イーモラの都市計画図」。現在はレオナルド・ダ・ヴィンチの生まれ故郷、イタリアのヴィンチ村にあるダ・ヴィンチ博物館に保管されている。この画期的な地図は、正確なだけでなく、ダ・ヴィンチの芸術家気質も示している。方角を示す直線や碁盤の目のような道路とは対照的に、下側のサンテルノ川は、流れるような自由な曲線で描かれている。(DEA/SCALA, FLORENCE)
[画像をタップでギャラリー表示]

 20年近くミラノ公国に仕えたレオナルド・ダ・ヴィンチは、16世紀初頭、青年期を過ごしたフィレンツェに戻った。(参考記事:「ダ・ヴィンチとフィレンツェ  没後500年、天才とその芸術を再現する役者たち」

 まもなく50歳を迎えようとするこのころ、ダ・ヴィンチはすでに革新的なカタパルト(投石機、1485年頃設計)や壁画「最後の晩餐」(1495~98年)などを手がけており、科学の世界でも、芸術の世界でも絶大な名声を博していた。

 現実をありのままにとらえようとし、観察を重視するダ・ヴィンチは、「サペレ・アウデ」(勇気を持って知識を得よ、という意味のラテン語)の原則を様々な分野の探求に適用した。(参考記事:「「ダ・ヴィンチは正しかった」現代医学をも驚かす」

 1502年、ローマ教皇アレクサンデル6世の息子で野心家のチェーザレ・ボルジアが、ダ・ヴィンチの後援者になった。ダ・ヴィンチに与えられた最初の任務のひとつは、ボローニャ近郊の都市イーモラの地図を作成することだった。

 ボルジアは1499年にこの町を攻め落としていた。濠をめぐらし、堅固に要塞化されたイーモラは、このカリスマ的な若き指導者にとって最も重要な占領地だった。そこでボルジアは、町の地理を把握し、支配を確実にするため、ダ・ヴィンチの明晰な頭脳から生まれる地図を求めた。

参考ギャラリー:天才ダ・ヴィンチの世界に触れる、英王室コレクション 写真11点(画像クリックでギャラリーへ)
レオナルド・ダ・ヴィンチの没後500年にあたる2019年、英国王室が所蔵するダ・ヴィンチの素描のコレクションが一般公開された。 (ROYAL COLLECTION TRUST/© HER MAJESTY QUEEN ELIZABETH II 2019)

次ページ:原点からの距離と角度を測定

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2019年5月号

レオナルド・ダ・ヴィンチ 色あせない才能/小さなプラスチック、大きな問題/よみがえる野生の鼓動/前人未踏の巨大洞窟へ

5月号のイチオシは没後500年を迎えた天才レオナルド・ダ・ヴィンチの38ページにわたる大特集。彼の作品や素描、科学への好奇心をたっぷり紹介します。このほか海のプラスチック問題やボルネオ島の巨大洞窟を特集、池上彰氏による特別寄稿「さよなら、平成ニッポン」も掲載しています。

定価:本体1,028円+税

おすすめ関連書籍

地図の物語

人類は地図で何を伝えようとしてきたのか

2万5000年前の地図から、衛星写真まで――。人類がつねに携えてきた地図の歴史を、125種、140余点の豊富な図版でたどることができる!

定価:本体2,700円+税