新型コロナ患者の「奇妙な症状」、各専門医が解説

心筋炎、大量の血栓、発疹、脳疾患、川崎病のような症状ほか

2020.05.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年4月1日水曜日、ベルギー、ブリュッセルの救急医療スタッフによって、満床になった病院から別の病院に転院していく新型コロナウイルス感染症の患者。新型コロナウイルスに感染しても多くの人は軽症から中等症ですむが、特に高齢者や基礎疾患のある人は、重症化したり死に至る割合が高い。(PHOTOGRAPH BY FRANCISCO SECO, AP PHOTO)
[画像のクリックで拡大表示]

 感染症はあの手この手で体に深刻なダメージを与えるが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、そのほとんどを引き起こしているかのようだ。このウイルス(SARS-CoV-2)はまず肺を攻撃して肺炎や呼吸不全を引き起こし、その約5人に1人が多臓器不全に陥る。

 新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)が続く中、多数の微小血栓や、若者の脳卒中、さらには、「コロナのつま先」と呼ばれる謎の炎症反応や子どもの全身の発疹など、新型コロナウイルスに感染した人の珍しい症状が報告されるようになっている。

 これらの症状は奇妙で恐ろしいかもしれない。だが、ウイルス医学の世界では以前から知られていたもので、ある程度は予想されていた。体は一人一人違うので、ウイルスに感染する人が何百万人もいれば、奇妙な症状が出てくるのは不思議ではない。では、患者の体では何が起こっているのだろうか? それはどのくらいの頻度で起こるのだろうか?

 これらの珍しい症状について現時点でわかっていることと、治療に向けて解明しなければならないことをまとめる。

基本は呼吸器疾患だが

 新型コロナウイルス感染症は、まず呼吸器疾患の症状を呈する。ウイルスは鼻、のど、肺の細胞に侵入して複製を開始し、インフルエンザのような症状を引き起こす。肺炎に進行したり、最悪の場合、肺に穴をあけることもある。(参考記事:「新型コロナウイルスに感染するとこうなる」

 しかし、一部の患者では免疫系が異常をきたし、大量のサイトカインが放出される。サイトカインとは、免疫細胞を感染した現場に駆けつけさせる、防犯アラームの役割をするタンパク質だ。ところが、あまりにも多くのサイトカインが放出されると、免疫細胞は出会ったものを軒並み殺しはじめる。「サイトカインストーム」と呼ばれるこの反応は、大規模な炎症を引き起こして血管を傷つけ、肺胞に体液が浸み込んで呼吸不全を引き起こす。サイトカインストームが肝臓や腎臓を損傷すれば、多臓器不全が起こる。(参考記事:「コロナ患者、本当に怖い「免疫システムの暴走」」

次ページ:心臓に直接感染する可能性も

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ビジュアル パンデミック・マップ

伝染病の起源・拡大・根絶の歴史

ささいなきっかけで、ある日、爆発的に広がる。伝染病はどのように世界に広がり、いかに人類を蹂躙したのか。地図と図版とともにやさしく解き明かす。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加