タイタニック号の悲劇を象徴する電信機 深海ロボットで回収?

2004年のロバート・バラード氏の調査で明らかになった深海に眠るタイタニック号。船首(Bow)と船尾(Stern)は離れ、船尾側は沈没時に大きく破壊したことがわかる。黄色い丸で示された部分が、引き揚げ作業に伴って人為的な撹乱があったとされた箇所。

【元の記事へ戻る】