政府との取引を拒否し、獄中生活を選ぶ ネルソン・マンデラの決断

火の抗議 1950年代の南アフリカでは、白人以外の市民は通行証を携帯しなければならず、これを持つ者は「白人専用」地区への立ち入りが許されなかった。ネルソン・マンデラは自分の通行証を公衆の面前で焼き払い、この法律に公然と逆らった。

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー