地球から一番近いブラックホールを発見、連星系に

デジタル・スカイ・サーベイ2の画像から作成された広視野画像。中央に見える青い光が、2つの恒星と1つのブラックホールからなる三連星系HR 6819である。2つの星は1つに見えるほど近くにあり、ブラックホールは、これまでに発見されたものの中で最も地球に近い。(IMAGE BY ESO/DIGITIZED SKY SURVEY 2. ACKNOWLEDGEMENT: DAVIDE DE MARTIN)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー