地球から一番近いブラックホールを発見、連星系に

三連星系HR 6819を構成する天体の軌道の想像図。恒星系は、内側の軌道を運動する恒星(軌道を青で示す)と、新たに発見されたブラックホール(赤の軌道)と、外側の軌道を運動する第3の恒星(青の軌道)からなる。(ILLUSTRATION BY ESO/L. CALÇADA)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー