NASAが宇宙船を小惑星に衝突させようとする理由

いつの日か、都市以上の範囲を消滅させる小惑星が地球に向かってくる

2020.05.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NASAが初めて実施する地球防衛ミッションDARTでは、小惑星に宇宙船を猛スピードで衝突させ、その軌道を変えられることを実証しようとしている。(ILLUSTRATION BY NASA/JOHNS HOPKINS APL)
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年4月29日、巨大な小惑星が地球から約630万kmのところをかすめていった。「1998 OR2」と呼ばれるこの天体の直径は約2kmもあり、地球に衝突するようなことがあれば、直径10kmものクレーターができ、大気中に舞い上がった塵で世界は薄暗くなったはずだ。

「非常に大きな小惑星です」と、小惑星の探知と惑星防衛の専門家である米アリゾナ大学のエイミー・メインザー氏は言う。「恐竜を絶滅させた小惑星よりは小さいですが、容易に甚大な被害を及ぼすことができるサイズです」(参考記事:「地質サンプルが語る 小惑星衝突、恐竜最後の日」

 小惑星が地球の近くを通過することは意外に多い。1つの都市に大ダメージを及ぼせるサイズの小惑星は、地球から800万km圏内を毎年数十個もかすめている。1つの大陸に壊滅的な被害を及ぼす程度の大きさの小惑星も、平均すると毎年1、2個は通過している。

 いつの日か、1つの都市、あるいはそれ以上の範囲を消滅させるほど大きな小惑星が地球に向かってくるのはほぼ確実だ。そのときにまだ人類が存続していると思うなら、地球を守るための計画を立てておくのが賢明である。米航空宇宙局(NASA)が2021年に宇宙船を打ち上げて、危険な小惑星を阻止する最初の実験を行おうとしているのは、そのためだ。小惑星が地球から十分遠いところにあるうちに宇宙船を衝突させて、その軌道を変えようというのである。

 DART(ダート)というこのミッションは、正式名称を「Double Asteroid Redirection Test(二重小惑星方向転換試験)」と言い、お互いのまわりを回っている二重小惑星の小さい方に宇宙船を衝突させる。小さい方の小惑星の軌道が少しでも変化すれば地球から容易に測定することができ、計画の成否が明らかになる。

「エキサイティングな時代になりました」と、NASAの引退した宇宙飛行士で、小惑星の探知と回避を目的とする非営利団体であるB612基金の設立者エド・ルー氏は語る。「DARTはすばらしいデモンストレーションになるでしょう」

潜在的に危険な小惑星は2078個

 危険な小惑星を阻止するには、まずその存在を見つけなければならない。NASAの惑星防衛局長リンドリー・ジョンソン氏は、「太陽系には無数の小惑星があるので、長期的に観測・監視する必要があるものを見きわめる必要があります」と言う。現時点では、潜在的に危険な小惑星は2078個あるという。(参考記事:「地球への天体衝突が2.9億年前に急増、今も継続か」

 1998 OR2は、4月29日に地球から約630万kmのところ、すなわち地球から月までの距離の約16倍のところを、時速3万kmの猛スピードで通過していった。心配するような距離ではないが、1998 OR2は3.7年の周期で太陽のまわりを公転していて、火星の外側の小惑星帯まで遠ざかった後、地球の軌道の内側まで戻ってくる。次に地球に接近するのは2079年だが、今回よりもっと近く、地球から約180万kmのところを通過すると予想されている。

地球近傍小惑星1998 OR2の直径は約2kmで、2020年4月29日に地球から月までの距離の16倍のところを通過した。
[画像のクリックで拡大表示]

 NASAは、直径140m以上で、地球から800万km以内のところを通過する小惑星を、潜在的に危険な小惑星と見なしている。「800万kmという数字は、将来地球に衝突するおそれがある天体を確実にとらえられるように、時間経過にともなう軌道の変化を考慮しつつ、少し余裕を持たせて決められました」とジョンソン氏。

次ページ:小惑星を迎え撃つ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

COSMOS コスモス いくつもの世界

カール・セーガンが残した、世界4000万部の不朽の名著「COSMOS」。40年ぶりの続編が満を持して登場。〔日本版25周年記念出版〕

定価:本体2,700円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加