新型コロナが困窮に追い打ち、南米の家事労働者

自宅があるスラム街パライゾポリスの急坂をのぼるマリア・ライムンダ・リベイロ・デ・アルメイダ氏。これから、家政婦として働く家へウーバーで向かう。ウーバーはコロナウイルスと接触する機会を減らすために雇い主が手配した。(PHOTOGRAPH BY GUI CHRIST, NATIONAL GEOGRAPHIC)

【元の記事へ戻る】