心理学者が注目 人は自宅待機にどこまで適応できる?

イタリアのミラノで自宅待機する写真家カミラ・フェラーリ氏のセルフポートレート。自宅待機が人々の精神的な健康にどのような影響を与えるのか、心理学者たちは研究を始めている。(PHOTOGRAPH BY CAMILLA FERRARI)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー