9万5000人が今も米国海上で待機、船内感染の脅威

今週、世界の3隻のクルーズ船から3500人が下船へ

2020.04.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4月15日、疾患のため飛行機に乗れなかった人たちを乗せ、オーストラリアから英サウサンプトンに到着した大型クルーズ船クイーン・メリー2号。新型コロナウイルス感染症は世界に広がり、感染者は240万人、死者は16万人を超えている。(PHOTOGRAPH BY NAOMI BAKER, GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 今週、世界の海上で待機状態にあった3隻のクルーズ船から、約3500人の乗客がようやく下船する。乗客計1880人を乗せたパシフィック・プリンセス号とMSCマニフィカ号は、それぞれカリフォルニアとフランスの港に入り、下船した人々はそのまま自宅隔離に移る。

 コスタ・デリチョーザ号は2000人近い乗客が船内に残っていたが、月曜日にバルセロナで大半の乗客を下船させた後、イタリア人乗客453人を乗せてジェノバへと戻っていく。この船は先週、健康状態が悪化した乗客1人をイタリアのマルサラ港で下船させた後、残された乗客が新型コロナウイルス検査で陰性が判明するまで隔離状態を保っていたと報告されている。

ギャラリー:新型コロナ、クルーズ船から退避する人々 写真7点(画像クリックでギャラリーへ)
3月9日、クルーズ船グランド・プリンセス号からサンフランシスコ湾を眺める乗客たち。同船では乗員乗客21人がコロナウイルス検査で陽性と確認された。(PHOTOGRAPH BY GABRIELLE LURIE, THE SAN FRANCISCO CHRONICLE, GETTY IMAGES )

 米国の領海には今も124隻の船が、国籍もさまざまな9万5000人の乗員を乗せたまま立ち往生している。国境を閉鎖している国もある中、それぞれの船がいつ、どのように自国に戻れるのか、明確な見通しは立っていない。

 3月14日に全クルーズ船への運行停止命令を出した米国疾病対策センター(CDC)は、それ以降、1万2000人以上の人々を自宅隔離に移行させるための支援を行ってきた。これまでに、少なくとも17隻のクルーズ船から、新型コロナウイルス検査で陽性反応を示す乗客が見つかっている。

 たとえ自分の船室に閉じこもっていても、乗客は感染から守られているとは限らないと語るのは、スウェーデン、ウメオ大学の疫学者、ヨアキム・ロックロフ氏だ。ロックロフ氏によると、ダイヤモンド・プリンセス号では、1月に1人の乗客が15人に感染を広げたと推測され、これは新型コロナウイルスの流行が始まった中国武漢での感染率の4倍にあたる。

サンフランシスコで、個人用保護具をヘリコプターに積み込む米沿岸警備隊員。(PHOTOGRAPH BY PETTY OFFICER 3RD CLASS TAYLOR BACON, U.S. COAST GUARD DISTRICT 11, AP)
[画像のクリックで拡大表示]

 原因について氏は、船上での社交活動に一端があるのではないかと述べている。最大8人が詰め込まれる乗員の部屋や、乗客への食事の配達なども、感染促進の原因となる。この病気のやっかいな点は、一定割合の感染者が症状を示さないことにあり、そうした無症状の人がウイルスをさらに広げてしまう可能性がある。

次ページ:ダイヤモンド・プリンセス号からの退避

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ビジュアル パンデミック・マップ

伝染病の起源・拡大・根絶の歴史

ささいなきっかけで、ある日、爆発的に広がる。伝染病はどのように世界に広がり、いかに人類を蹂躙したのか。地図と図版とともにやさしく解き明かす。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加