くしゃみで病原体は最大8m飛ぶ、“飛沫の雲”も発生

ハイスピードカメラで毎秒1000コマの速さで撮影されたくしゃみの画像。左上から、(a) 0.006秒目、(b) 0.029秒目、(c) 0.106秒目、(d) 0.161秒目、(e) 0.222秒目、(f) 0.241秒目。(IMAGES BY LYDIA BOUROUIBA, MIT)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー