新型コロナ拡散の源とされる武漢華南海鮮卸売市場の実像

中国マカオのウェットマーケット(生鮮市場)。このような市場はアジア全域にあり、新鮮な野菜や果物、海産物、食肉を販売している。ほとんどのウェットマーケットは野生動物を扱っていないが、「ウェットマーケット」と「ワイルドライフマーケット(野生生物市場)」はしばしば混同される。(PHOTOGRAPH BY ANTHONY KWAN, GETTY)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー