新型コロナで奇妙な夢や悪夢を見る人が増加、理由と対処法は

脅威が身近にある人ほど悪夢や睡眠障害が増加、夢を操るコツを科学者が伝授

2020.04.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夢の研究をしている米ハーバード大学の心理学の教授ディアドラ・バレット氏が最近見た新型コロナウイルスに関する夢のフォトイラストレーション。氏の自作。(ARTWORK BY DEIRDRE BARRETT)
[画像のクリックで拡大表示]

 黒塗りの米大統領専用車が歩道に寄って止まり、黒い窓ガラスが開いて、中からロナルド・レーガンが小説『荒野(Wilderness)』の作者ランス・ウェラー氏を手招きした。亡くなって久しい元大統領がウェラー氏を漫画専門店に案内すると、そこにはウェラー氏の欲しかったタイトルが全てそろっていた。しかし買い物を済ませる前に、レーガンはウェラー氏の財布を引ったくり、ドアから外へ飛び出してしまった──。

 もちろん、これはウェラー氏の夢だ。氏のように、いま世界中で多くの人が「コロナウイルス・パンデミック・ドリーム」という新たな現象を経験しているという。

 夢の内容や感情は、起きている間の幸福感と関連していることが、昔から科学的に示唆されてきた。象徴的で奇妙な夢には、強烈な記憶や日々の心理的ストレスを、潜在意識のなかだけで安全に和らげる効果がある。一方で悪夢は、起きている間には自覚していない不安を知らせる危険信号かもしれない。

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)により、何億もの人々が自宅にこもっている。夢の専門家のなかには、それまでの普段の環境や日々の刺激がなくなり、「インスピレーション」が不足するせいで、潜在意識が夢のテーマを過去の記憶からより多く引き出すことを余儀なくされている、と考える人もいる。

 ウェラー氏の場合、長年にわたる漫画への執着に、ツイッターで政治的な投稿をずっとチェックしていることが加わって、冒頭のようなシュールなシーンを作り上げたのだろう。氏は夢の内容を、世界的な経済不安を表したものだと解釈している。

 少なくとも世界で5つの研究チームが、ウェラー氏のような事例を集めている。これまでにわかったことの1つは、パンデミック・ドリームが、ストレスや孤立、睡眠パターンの変化によって、通常の夢とは一線を画す否定的な感情の渦に彩られていることだという。

「我々は通常、激しい感情、特に否定的な感情を、レム睡眠や夢を利用して処理しています」と、米ボストン大学医学部の神経学の准教授で夢の専門家であるパトリック・マクナマラ氏は話す。「今回のパンデミックが、多大なストレスや不安を生み出していることは明らかです」

次ページ:ストレス源に「近い」ほど悪夢が増える

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

脳の謎

誰も知らない隠された能力

謎の多い人間の脳について、最近の科学的進歩を解説した書。人間の脳に関する「100の謎」を、学習、知能、意識、情動、加齢の5つのテーマに分類して、豊富な写真・イラストとわかりやすい文章で説明しています。

定価:本体1,400円+税

おすすめ関連書籍

朝型勤務がダメな理由

あなたの睡眠を改善する最新知識

「ためしてガッテン」などでおなじみ、睡眠研究の第一人者が指南!古い常識やいい加減な情報に振り回されないために知っておくべき情報を睡眠科学、睡眠医学の視点からわかりやすく説明。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加