100万人が埋葬されるNYの島、新型コロナでも

2020年4月9日、個人用保護具を身に着けて遺体を埋葬する人々。この日、ニューヨーク市の検死官は、遺体の保管期間を2カ月から2週間に短縮し、ハート島の市営墓地に一時的に埋葬することを決めた。(PHOTOGRAPH BY JOHN MINCHILLO, AP)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー