謎の天体オウムアムア、起源は破壊された星の破片か、研究

太陽系外から飛来した葉巻形の天体、奇妙な形はこうしてできた

2020.04.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
太陽系を通過することがわかった初めての恒星間天体オウムアムアの想像図。この珍しい天体は、米ハワイ州にあるパンスターズ1望遠鏡によって、2017年10月19日に発見された。その後に世界中の天文台が観測を進めた結果、太陽系でよく見つかる天体とはまったく違うものであることがわかっている。(ESO/M. KORNMESSER)
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年後半、奇妙な葉巻形天体オウムアムアが、はるか彼方からやって来て太陽系を通過していった。謎に包まれたこの天体の起源は、恒星に近づきすぎた天体がバラバラに破壊された後の破片かもしれない。新たな研究成果が、4月13日付けの学術誌「Nature Astronomy」に発表された。(参考記事:「太陽系の外から飛来した天体を初観測、歴史的発見」

 米国ハワイ、ハレアカラ天文台の「パンスターズ・プロジェクト」チームが最初にこの天体に気づき、ハワイの言葉で「遠方からの最初の使者」を意味するオウムアムアと名付けた。ただしこの天体は謎だらけだった。回転しながら飛んでいくオウムアムアは、なぜか重力では説明できない力で加速していた。細長い葉巻のような形であることもわかった。太陽系の天体には見られない形状だ。(参考記事:「太陽系に飛来した天体オウムアムア、極端な楕円形」

 この奇妙な天体は、いったいどうやって生まれたのだろうか。コンピューター・シミュレーションによる新たな研究で、そのシナリオが示された。ある天体が、恒星の重力の影響でバラバラになり、無数の細かい破片が残された。その破片の一部が星間空間に飛び出し、数百万年、あるいは数十億年という時を経て、はるばる太陽系までやってきたというものだ。このシミュレーションでは、オウムアムアの起源として3種類の天体の可能性を挙げている。その細長い形状も不思議な動きも、このシミュレーションで説明できるという。

「オウムアムアの成り立ちは多くの謎を呼んでいます。これまでの研究では、どうやってもこの細長い形状を説明することはできませんでした」と、今回の論文の筆頭著者で、フランスにあるコートダジュール天文台の研究者である張韵(ユン・チャン)氏は語る。

太陽系外から飛来してきた謎の天体

 オウムアムアのように、太陽系を通過する恒星間天体が存在したことは、天文学者らの想定通りだった。だが、想定外だったのはその形だ。天文学者たちが想定していたのは、太陽系外からやってきたもう一つの天体であるボリゾフ彗星のような天体だ。2019年8月に発見されたボリゾフ彗星は、その核が塵やガスに覆われており、太陽系外縁部の凍った天体にも似ている。(参考記事:「また太陽系の外から?急接近する奇妙な彗星を発見」

「ボリゾフ彗星は、その動きも形状もまさに私たちが想定したとおりの恒星間天体で、すべてがまったく普通です。しかし、驚くほど正反対なのがオウムアムアです。オウムアムアは、何から何まで普通ではないのです」と、米エール大学の天文学教授グレッグ・ラフリン氏は話す。

次ページ:宇宙葉巻はこうしてできた

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

COSMOS コスモス いくつもの世界

カール・セーガンが残した、世界4000万部の不朽の名著「COSMOS」。40年ぶりの続編が満を持して登場。〔日本版25周年記念出版〕

定価:本体2,700円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加