アマゾン孤立部族に新型コロナの死者、その危険性

ロライマ州のヤノマミ先住民居住区の中心にあるモキシハテテマ村の住民は、ヤノマミの別の集落を含む外部との接触を根気強く避けているが、村から徒歩で2日の距離で違法な金鉱採掘が行われていることが発覚した。先住民の部族長らはヤノマミの最初のCOVID-19による犠牲者は、違法な鉱山労働者から感染したと非難し、探鉱者を追い出さなければモキシハテテマ村のような村は全滅すると心配する。(Photograph by Guilherme Gnipper Trevisan/Hutukara)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー