2019年、コンゴ民主共和国(DRC)北東部の街ベニ。保健スタッフが救急車にカクレ・カベンディブワくん(14)を運ぶ。この前日、姉妹がカクレくんを近くの保健センターに連れて行ったが、治療センターに行くことを勧められると、逃げ出してしまった。保健センターから連絡を受けた世界保健機関(WHO)が家族を発見。家族は地域の啓発担当者と何時間も話し合った末、カクレくんを救急車で搬送することに同意した。(PHOTOGRAPH BY NICHOLE SOBECKI)

 世界は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の話題でもちきりだが、史上2番目に大規模なエボラウイルス病(エボラ出血熱)のアウトブレイク(集団感染)がついに終息するかもしれない。

 コンゴ民主共和国(DRC)のキブ地域で、大流行へとつながるエボラウイルス病の最初の症例が報告されたのは2018年8月だった。以後、これまでに約3450の症例と2270人の死者が確認されている。しかし、2020年2月17日以降、DRC国内で新たな症例は報告されていない。もしこの状況が続けば、世界保健機関(WHO)は4月12日に流行の終息を宣言する予定だ。

 新型コロナ感染症と同様、エボラウイルス病は動物から人に感染する人獣共通感染症(ズーノーシス)だ。とはいえ、両者は大きく異なる。新型コロナウイルスが主に肺を標的にする一方で、エボラウイルスはさまざまな臓器を攻撃し、重篤な出血熱も引き起こす。また、エボラウイルスは発症してからしか感染しないが、新型コロナウイルスは無症状でも感染力がある。

2019年、カブゴ・ムコニ・ロメリーさん(16)がベニにある国際医療活動同盟(ALIMA)の施設でエボラウイルス病の治療を受けている。治療はエボラ専用の最新施設「生物防護緊急ケアユニット(CUBE)」で行われる。(PHOTOGRAPH BY NICHOLE)
[画像をタップでギャラリー表示]

 エボラウイルス病の史上最大の流行は2014年から2016年にかけて西アフリカで発生した。感染の前例がない国境地域から数カ国に拡大し、1万1000人以上の命を奪った。これに対し、キブのアウトブレイクはほぼDRCの国内に限定されている。しかし、長年にわたる政治的、社会的な緊張が原因で、現地は不安定な状態にある。これが感染を加速させ、早期の封じ込めの妨げとなった。

 DRCの北東部でエボラウイルスの封じ込めに成功したことで、予防接種を強化する重要性があらためて浮き彫りになった。当地ではキャンペーンを行い、コミュニティーの積極的な関与に重点を置いて、ウイルスの拡大を食い止めようと努力する政府、国際機関、医療従事者へ向けられていた疑念の払拭に努めてきた。

 この取り組みで重要な役割を果たしたのが、2016年に西アフリカで初めてテストされた新しいワクチンだ。キブのアウトブレイクではこのワクチンを調達し、エボラウイルス病の予防としては最大規模となる30万人以上に接種した。なお現在、新型コロナウイルスのワクチンも開発が進められているが、大規模な接種が開始されるのは少なくとも1年後になりそうだ。

エボラ生存者のムリャンザ・ビスヤ・ユゲットさん(24)。ウイルスを巡る偏見を和らげようと、女性グループの前で自らの体験を語る。(PHOTOGRAPH BY NICHOLE
[画像をタップでギャラリー表示]

次ページ:政治不信の住民「エボラの流行はでっち上げ」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け