ブロンクス動物園のマレートラ。2017年に撮影。この動物園で飼育されているマレートラのナディアが、新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示した。このほか、6頭のネコ科動物が同様の症状を見せている。(PHOTOGRAPH BY ANDREW LICHTENSTEIN, CORBIS VIA GETTY IMAGES)
[画像をタップでギャラリー表示]

 米ニューヨーク市のブロンクス動物園で飼育されているトラに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査を行ったところ、陽性反応が出たことが明らかになった。検査したのは1頭だけだが、このほか6頭のネコ科動物に症状が認められるという。現地時間の4月5日午後、米農務省が発表した。

「私たちの知る限り、人から(野生)動物にCOVID-19が感染した初のケースです」と、ブロンクス動物園の主任獣医ポール・カレ氏はコメントした。陽性反応が出たのは、ナディアという名の4歳のマレートラだ。感染経路はわかっていないが、動物園は3月16日から閉園しており、おそらく無症状の飼育員から感染したと思われる。

 これまでに、ペットに陽性反応が出たケースは報告されている。香港ではポメラニアンとジャーマンシェパード、ベルギーではイエネコが感染した。

 イエネコや野生のネコに感染するネココロナウイルス(FCoV)の存在は知られていたが、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)がネコにも感染するかどうかは最近まで不明だった。中国の新たな研究で、ネコからネコへも感染が広がる可能性が示唆されたことから、他にも感染する動物がいるかどうかの研究が急がれている。(参考記事:「新型コロナ、次の感染源になりうる動物は? 研究」

間もなく回復の見込みだが

 カレ氏によると、ナディアは3月末に乾いた咳をするようになったため、4月2日にウイルス検査を実施した。他にも、ナディアのきょうだい1頭、アムールトラ2頭、アフリカライオン3頭にも咳の症状があり、食欲が減退しているというが、まだ検査は行われていない。

 7頭は現在獣医の治療を受けており、間もなく回復する見込みだと、カレ氏は言う。しかし、ブロンクス動物園を経営する非営利団体の野生生物保護協会は、動物が感染した場合、症状がどのように進行するのかはまだ不明であるとプレスリリースで発表している。

次ページ:他の動物への危険性は?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

100年後も見たい 動物園で会える絶滅危惧動物

ナショナル ジオグラフィックの写真家、ジョエル・サートレイが撮影した美しい動物の写真とともに、動物園で見られる絶滅危惧種40種を紹介。A5サイズ・特製クリアファイル付き!

定価:本体1,400円+税