新型コロナ、次の感染源になりうる動物は? 研究

大流行している新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)と非常によく似たコロナウイルスをキクガシラコウモリ属の1種(Rhinolophus affinis)が媒介しうることを、2013年に研究者らが発見した。(PHOTOGRAPH BY FLETCHER & BAYLIS, SCIENCE SOURCE)

【元の記事へ戻る】