新型コロナ、次の感染源になりうる動物は? 研究

ジンバブエのリハビリテーションセンターで水たまりの水を飲むサバンナセンザンコウ。センザンコウはさまざまなコロナウイルスを保有していることが知られており、東南アジア原産のマレーセンザンコウが保有するウイルス株のひとつは、今回の新型コロナウイルスと遺伝子の92.4%が一致する。(PHOTOGRAPH BY BRENT STIRTON, GETTY/NATIONAL GEOGRAPHIC)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー