海底下に「腸内並み」の微生物群集、火星にいる可能性も

2010年の南太平洋の掘削調査で採取した岩石サンプル。生命が存在する可能性が低いと考えられていたが、微生物の密度はヒトの腸内レベルの高さだった。(PHOTOGRAPH BY CAITLIN DEVOR, THE UNVIERSITY OF TOKYO)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー