南アフリカで発見された初期のホモ・エレクトゥスの頭骨の破片。この地域でホモ・エレクトゥスの骨が発見されたのは初めてだ。(REPRINTED WITH PERMISSION FROM HERRIES ET AL., SCIENCE 368:47 (2020).)
[画像をタップでギャラリー表示]

 2015年の冬、オーストラリアのラ・トローブ大学の学生ジェシー・マーティン氏とアンジェリーン・リース氏は、岩石の中からヒヒの骨らしき化石を取り出す作業をしていた。彼らは南アフリカのヨハネスブルクの北西に位置するドリモーレン採石場で化石の採集調査を行う遠征隊のメンバーだった。頭骨の破片をクリーニングして組み合わせてみると、ヒヒではなく若い初期人類ホモ・エレクトスのものであることがわかった。南アフリカでホモ・エレクトスの骨が見つかったのは初めてだ。

 マーティン氏は当時を回想し、「私たちはこのことを指導教官たちに報告しましたが、彼らは自分の目で見るまで信じていなかったと思います」と話す。

 今回、この頭骨と、同じ場所で見つかった別の種の初期人類パラントロプス・ロブストスの頭骨についての分析結果が、4月3日付け科学誌『サイエンス』に掲載された。2種の頭骨について数種類の方法で年代測定を行ったところ、いずれもほぼ同じ年代のものという結果が出た。約200万年前だ。論文共著者となったマーティン氏とリース氏は、この推定が正しいなら、2つの化石はそれぞれの種の最古の化石だと話す。

「ホモ・エレクトスの化石については、アフリカで最古、ひいては世界最古である可能性が高いと思います」と、南アフリカのウィットウォーターズランド大学の古人類学者で、ナショナル ジオグラフィック協会の「エクスプローラー・アット・ラージ」でもあるリー・バーガー氏は話す。同氏は今回の研究には関わっていない。

ホモ・エレクトスの起源の謎

 意外だったのはホモ・エレクトスの頭骨の年代だ。これまで、ホモ・エレクトス誕生の地はアフリカ東部とする考えが主流だった。いくつかの若いホモ・エレクトスの化石や、古いヒト属(ホモ属)のものと思われる化石が発見されているからだ。一方で、ホモ・エレクトスの起源はアフリカの外にあると主張する研究者もいる。最古のホモ・エレクトスの化石がジョージアのドマニシ遺跡で見つかっていたためだ。

 しかし今回の発見で、ホモ・エレクトスの起源がアジアにある可能性は非常に低くなったとマーティン氏は話す。「理由の1つは、南アフリカから最古のホモ・エレクトスの化石が出たことです。さらに言うと、アジアではホモ・エレクトスの祖先と考えられる化石が見つかっていません。ホモ・エレクトスが見つかった遺跡をどんなに深く掘っても、それより古いヒト族の化石がみつからないのです」

 もちろん、最古の頭骨が見つかったからといって、南アフリカがホモ・エレクトス誕生の地と決まったわけではない。マーティン氏は、「現時点で得られている証拠から考えると、私たちがまだ調べていないアフリカのどこかが起源なのだと思います」と話す。

次ページ:南アフリカの3種類のヒト族

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

にわかには信じがたい本当にあったこと

ナショナル ジオグラフィックが伝える驚天動地の地球の姿。宇宙、人体、怪物、歴史、動物、水中など、幅広いテーマから驚きの事象・奇妙な生き物を紹介。

定価:本体2,000円+税