新型コロナが旅行業を直撃、7500万人の雇用危うく

2020年3月18日、空席がほとんどとなったアメリカン航空の機体が離陸の準備をする。新型コロナウイルスのパンデミックによって、航空会社を含む旅行業界の先行きは不透明となっている。(PHOTOGRAPH BY KYLE GRILLOT)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー