新型コロナがもたらす食料不安、米国の混乱

食品ロスが増える一方で、貧困者への食料供給は困難に

2020.04.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナ危機のさなかで食品などを数百人の人々に手渡すボランティア。2020年3月20日、マサチューセッツ州エバレットにて。(PHOTOGRAPH BY JOSEPH PREZIOSO, AFP/GETTY)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国では毎年、食品の40%が廃棄されている。重さにすると約6300万トンだ。だが、新型コロナ問題に端を発する食品の買いだめやレストランの休業によって、この廃棄率は高まると、食品ロスの専門家は言う。(参考記事:「インタビュー:世界の食料の3分の1が廃棄されている理由」

 米国で最も多く食品を廃棄しているのは一般家庭だ。冷蔵庫の食品は日が経つにつれ鮮度が下がり、残り物は隅に追いやられ、やがて廃棄される。不安になって買いだめした消費者も、やがて食べきれないほど買ってしまったことに気づくかもしれない。

 サンフランシスコで廃棄物処理を行う企業「Recology」のロバート・リード氏は、「家で料理をする人が増えており、一戸建てやアパートから出る生ゴミの量は増加しています」と話す。ニューヨーク市でも、ここ2週間の生ゴミ回収量は増加傾向にある。

レストランや農家での廃棄物はどうなる?

 レストランはどうだろう。コロナウイルスが広がる前、米国の食費の半分は外食費だった。現在は、店舗休業の影響で、レストランの食品廃棄量は大きく減少している。しかし、テイクアウトのみで営業する店が増えれば、廃棄量は再び増加する可能性がある。

 外食産業の廃棄食品を減らす技術を開発している企業「LeanPath」の創業者であるアンドリュー・シャクマン氏は、「今は転換期です。販売量が減ると、一食あたりの食品廃棄量は増える傾向にあります。そのため、部分的に営業しているような店では、一食あたりの廃棄量が多くなると考えています」

 農業はどうだろう。農業では、平時でも収穫の半分ほどは畑に残される。最大の理由は作物の見栄えだ。しかし、さらに多くの作物が収穫されない事態になるかもしれない。米国は現在、労働者の入国ビザを制限しているため、20万人におよぶ季節労働者がやってくるかどうかは不透明だ。農業労働者は狭い場所で密集して生活することが多いので、新型コロナウイルスへの感染も懸念される。労働者がやってきたとしても、感染すれば働くことはできない。

 レストランや学校、農家直販の市場などが閉鎖されていることで、傷みやすい食品の販路も少なくなり、農業従事者は供給過多に苦しんでいる。

 葉もの類などの傷みやすい作物では、新しい販売ルートを見つけるのは困難だ。米ファーマーズマーケット連盟のベン・フェルドマン氏は、次のように話している。「農業従事者は、何カ月も前、作物を植えるときに販売ルートを計画します。市場が閉鎖され、他の販路に回せないとなると、作物は畑で腐るしかなくなります」

次ページ:混乱の中で何ができるのか?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ビジュアル パンデミック・マップ

伝染病の起源・拡大・根絶の歴史

ささいなきっかけで、ある日、爆発的に広がる。伝染病はどのように世界に広がり、いかに人類を蹂躙したのか。地図と図版とともにやさしく解き明かす。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加