「呪い」は本当? オリンピックの混乱の歴史

延期が決まった2020年東京五輪、これまでの五輪も数多くの危機に見舞われてきた

2020.03.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイコット

 五輪の歴史を通じて、ボイコットする国、参加を禁止される国がたびたび現れている。1964年には、人種隔離政策アパルトヘイトを理由に、南アフリカがオリンピックへの参加を禁止された。1976年には、米国コロラド州の有権者が五輪費用の負担を拒否し、デンバーが開催地を降りている。

1980年モスクワ五輪の開会式で、英国チームの代表として五輪の旗を持つ英国オリンピック委員会事務総長のディック・パルマー氏(右手前の男性)。ソビエト連邦がアフガニスタンに侵攻したことを受け、英国の選手は開会式をボイコットした。(PHOTOGRAPH FROM AP)
1980年モスクワ五輪の開会式で、英国チームの代表として五輪の旗を持つ英国オリンピック委員会事務総長のディック・パルマー氏(右手前の男性)。ソビエト連邦がアフガニスタンに侵攻したことを受け、英国の選手は開会式をボイコットした。(PHOTOGRAPH FROM AP)
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、近年で最も有名な出来事は、ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議するため、米国が主導した1980年モスクワ五輪のボイコットだ。日本、カナダ、西ドイツなど、66カ国がボイコットに賛同した。そして4年後、1984年ロサンゼルス五輪が開催された際、1980年の報復として、ソ連が14カ国によるボイコットを率いた。

東京と40年の呪い

 数十年にわたるボイコットと禁止の歴史を乗り切ったかもしれないが、五輪は呪われていると信じる者もいる。特に、日本で開催される五輪は縁起が悪いようだ。財務相の麻生太郎氏は3月18日、中止になった1940年東京五輪と1980年のモスクワ五輪ボイコットを引き合いに出し、「40年ごとに問題が起きた。呪われたオリンピック」と発言した。

 1964年、ついに東京五輪が開催されたが、やはり騒動が起きている。まず、IOCが一部選手の参加を拒否したことで、北朝鮮、中国、インドネシアが五輪そのものをボイコットした。南アフリカがアパルトヘイトを理由に五輪参加を禁止された最初の年でもある。

 このように星回りの悪い日本だが、すでに1兆円以上の予算をかけて五輪の準備を進めており、2021年に延期する意向を示している。それまでにはおそらく、40年の呪いは無効になっているだろう。

参考ギャラリー:あのオリンピック会場はいま、世界の写真9点(画像クリックでギャラリーへ)
参考ギャラリー:あのオリンピック会場はいま、世界の写真9点(画像クリックでギャラリーへ)
大会の規模が拡大すれば、大きなオリンピックスタジアムが必要になる。現代の都市にとって、大会終了後、コストをかけた会場をどうするかは大きな問題だ。(PHOTOGRAPH BY FRANCOIS-XAVIER MARIT, AFP, GETTY IMAGES)

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。
会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

文=AMY MCKEEVER/訳=米井香織

おすすめ関連書籍

旗の大図鑑

国旗から信号旗・レース旗・海賊旗まで

国旗、域旗、信号旗、レース旗、社会運動の旗、海賊旗、国際機関の旗……。 古今東西の多様な旗の世界を逍遥する、愉しみに満ちた一冊。

定価:3,410円(税込)

おすすめ関連書籍

世界の「こんにちは」

世界の115の言葉で挨拶できる! この世界には、楽しい文字や音が

定価:1,980円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加