元祖スーパースプレッダー「腸チフスのメアリー」が残した教訓

マローン(右から4番目)は人生の3分の1以上を、ほかの患者たちとともに隔離されて過ごした。マローンは腸チフスがどのように広がるかを完全に理解していなかった可能性が高い。彼女は2度の集団発生で感染源となり、それによって少なくとも51人が感染し、3人が死亡したと推測されている。(PHOTOGRAPH FROM SIENCE HISTORY IMAGES, ALAMY)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー