【動画】ケニアの珍しい真っ白なキリン(日本語字幕)
2017年、ケニア北東部で、レンジャーたちが2頭の白いキリンを発見した。ところが最近、動画の母親と生後7カ月の子供が密猟者に命を奪われた。

 アフリカのケニアで確認されていた、とても珍しい真っ白な3頭のキリン――先日、そのうちの2頭が命を奪われた。(参考記事:「珍しい白いキリンの写真を公開、タンザニア」

 2020年3月10日、現地の野生生物保護当局が声明を発表。ケニア北東部イジャラの自然保護区で、真っ白なメスのキリンと生後7カ月の子が「武装した密猟者に殺され、白骨化した状態で」見つかったことが明らかになった。殺されたのは4カ月前と推定され、死亡したメスの子である3頭目の若いオスは生存していると考えられている。

 イシャクビニ・ヒロラ自然保護区の責任者モハメド・アフメドノール氏は声明の中で、「イジャラのコミュニティとケニア全体にとって、とても悲しい日になりました」と述べている。

 3頭の白いキリンは2017年、パトロール中のレンジャーによって発見された。レンジャーたちはYouTubeに動画を投稿し、動画は口コミでまたたく間に広まった。動画のコメント欄には当時、白いキリンたちは世界中に知られたことで、密猟のリスクにさらされるかもしれないという懸念も書き込まれていた。(参考記事:「【動画】キリンにしがみつくライオン、意外な結末」

 今回の悲劇は、簡単に自然とつながれるという、デジタル時代がはらむ矛盾を浮き彫りにしたとも言える。人々はソーシャルメディアのおかげで、世界中の希少な生き物たちを身近に知ることができるようになった。多くの生物が絶滅の危機に瀕する今、こうしたつながりは貴重だ。

 その半面、ソーシャルメディアが原因で、動物たちのリスクが増大したことも事実だ。希少性や独占性は、野生生物の違法取引の動機となるから、珍しい動物は密猟者に狙われる可能性が高いことは想像に難くない。 (参考記事:「ゾウの密猟、地域の貧困と汚職と強く関連、研究」

次ページ:動画に集まる追悼コメント「いったい、なぜ?」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税