琥珀の中に史上最小の恐竜化石、異例ずくめ

発見された新種の恐竜「オクルデンタビス・カウングラアエ(Oculudentavis khaungraae)」の頭骨。9900万年前、現在のミャンマーに生息していた。幅3.8センチ未満の琥珀のかけらに閉じ込められていた。(PHOTOGRAPH BY XING LIDA)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー